スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大綱林道~塩坂峠~雷電山
Fri.18.04.2014 Posted in 山サイ
何度か行った事のあるルートです。
まずは大綱林道の峠からアプローチ。
140329大綱塩坂1

すぐに寺久保山方面との分岐点が現れます。
ここは右に進みます。
140329大綱塩坂2

緩いアップダウンが続きます。
140329大綱塩坂4

所々岩場も。。。
140329大綱塩坂5

基本余り景色は開けませんが、一か所展望が開ける場所があります。
140329大綱塩坂6

スタート地点から30分ちょっとで塩坂峠に到着。
140329大綱塩坂7

立派な案内版もあります。
140329大綱塩坂8

塩坂峠から鳩の峰方面へ向かいます。
500m程登り進めると、鳩の峰との分岐に辿りつきます。
ここを右へと進みます。
140329大綱塩坂9

快適な尾根道をサッと降ると雷電山へ到着です。
140329大綱塩坂10

雷電山からは良く整備された、急な坂を降ります。
140329大綱塩坂11

いつもの出口に到着です。
140329大綱塩坂12

周遊する場合は、樺崎八幡宮の駐車場に車を置かせて頂くと良いかもしれません。

スポンサーサイト
寺久保~樺崎のマイナールート
Sun.30.03.2014 Posted in 山サイ
あまり歩かれていない、寺久保から鳩の峯を目指すルートです。

以前から塩坂峠から鳩の峯を目指す際、途中に古い木製の案内板に、
寺久保と表した分岐点があり、気になっていました。

スタート地点は北関東道の側道からです。
140202寺久保樺崎1

そこからちょっと進むと石灯籠が現れます。
石灯籠には鳩峯山神社と書かれている事から、寺久保地区からの参道をたどるルートのようです。
140202寺久保樺崎2

しばらくは快適な作業道を奥に進みます。
140202寺久保樺崎3

が、ちょっと進むと作業道も終了し、ご覧の通りの感じに。。。
140202寺久保樺崎4

沢沿いに進みますが、イマイチ道がはっきりしません。
沢から目を凝らして、時々ある赤テープを目印に進んで行きます。
140202寺久保樺崎5

落ち葉が多く、テープも少ないので、所々道を間違えながら尾根に向かって登ります。
植林地帯を抜けると、尾根までもう少しです。
140202寺久保樺崎6

なんとなく道跡があります。分かりますでしょうか?
140202寺久保樺崎7

間もなく、いつも見慣れている古い標識がある分岐点に到着です。
ここまで来ればホッと一息♪
140202寺久保樺崎8

あとはちょっと降り、雷電山方面へ向います。
ここからはお気に入りのルート♪
あっと言う間に降り、樺崎の赤坂集落に到着です。
140202寺久保樺崎9

寺久保からの鳩の峯を目指すこの旧参道ルートは、現在は倒木が多く、道もはっきりしな為、
ハイキングとしても、あまりおススメはあまり出来ません。
行かれる際は、赤テープを見失なわないよう、注意して下さい。


彦間浅間遊歩道(栃木県佐野市)
Sat.01.02.2014 Posted in 山サイ
以前にも一度行った事のある彦間浅間遊歩道です。

以前の記事はこちら!
今回は、須花トンネルから北登り口へと降るルートです。

まずは須花トンネルの彦間側から大正トンネル方面へ進みます。
140118浅間山1

大正トンネルの右側にある階段がスタート地点です。
140118浅間山2

すぐに急な上り坂が待ち受けてます。。。
140118浅間山3

登り切るとその後は緩やかなアップダウンが続き、伐採地に出ます。
ここからはこれから向かう浅間山見晴台が目の前に見る事が出来ます。
140118浅間山4

東側が伐採地になっているので、眺望も抜群です。
140118浅間山5

程なくして浅間屏風岩に到着です。
140118浅間山6

ここか右に折れ、ちょっと進むと浅間山見晴台です。
140118浅間山7

ここからちょっと下ると不動展望台です。
こちらは彦間方面の眺望が優れています。
140118浅間山8

更に200m程下ると、須花公園へと向かう分岐点にさしかかります。
今回はここを高野谷戸公園方面(秋葉神社)へ進みます。
140118浅間山9

最初は少し急な下りですが、程なく良い感じのシングルトラックが続きます。
140118浅間山10

分岐点から500m程で秋葉神社へと降りてきました。
画像の左側が遊歩道のスタート(ゴール)地点です。
140118浅間山11

このコースは道は明瞭で迷う事はありません。
不動展望台から須花公園へそのまま下ると、物足りない方には秋葉神社コースは
おススメのルートです。

ちなみに帰りは、農村レストラン「憩い館」でお蕎麦を食する事をおススメしますっ!

大坂峠(足利・佐野市境)
Wed.15.01.2014 Posted in 山サイ
地元の人に大坂峠と聞いても「どこ?」って答えが返ってくるようなマニアックな旧峠です。

場所は須花峠の南側で、現在の足利の大坂集落と佐野の下彦間の矢の沢辺りをつなぐ峠だったようです。
ネットで調べてもあまり情報がないですね。

今回は佐野側からアタックしました。
国土地理院の地図だと、ため池の左側から道が伸びでいるようなので、
その道を進んで行きましたが、数十メートルで道がなくなりました。
GPSと照らし合わせながら道を捜しましたが、藪がこく探索断念。

仕方なくため池に戻り、その右側にある作業道を探索することに。
大坂峠1

数十mで作業道は終了。
急な植林地を尾根を目指して登ります。
大坂峠2

尾根に出ると薄い踏み跡があり、GPSを頼りに進んで行くと
テープが巻きついた木が現れました。
大坂峠3

更に踏み跡をたどると、須花峠からの尾根に合流しました。
大坂峠4

ここからは踏み跡がしっかりしているので、迷うことはありませんが
倒木や藪笹が濃い箇所もあるので、ラクチンと言う訳には行きません。
更に進んで行くと、地図の破線上の峠に到着。
本来はここを登って来る予定でした。
大坂峠5

更に進むと大坂峠と思われるりっぱな切り通しに到着。
近くにお地蔵様があると聞いていたのですが、発見出来ず。
大坂峠6

彦間方面はご覧の通り、既に廃道と化しています。
大坂峠7

今回の探索はこれにて終了。
大坂集落方面に下って終了です。
大坂峠8

肝心なMTBの乗車率はほぼ皆無です。
今度はMTBなしで、ゆっくりと探索してみたいです。
深高山~石尊山縦走(栃木県足利市)
Tue.17.12.2013 Posted in 山サイ
三年ぶりの深高山~石尊山の縦走です。
以前の記事はこちら!

今回は林道粟谷松田線を猪子トンネル側から登り頂上を過ぎ、
少し下った粟谷町側から登りました。
石尊山131201-1

最初は岩場や急な登りがあるので、押しや担ぎで登ります。
30分程で深高山に到着です。
石尊山131201-3

ここからは気持ち良いシングルトラックが続きます。
石尊山131201-4

ふかふかの落ち葉のじゅうたんを進んで行くと
15分程で石尊山に到着です。
石尊山131201-5

さらにそこから5分程で、お弁当広場に到着。
石尊山131201-6

お弁当広場からは富士山が綺麗に見えました。
石尊山131201-7

ここから麓の石尊神社までは岩場が多く、担ぎで麓までおりました。

このコースの醍醐味は深高山から石尊山にかけての山の上とは思えない
上質なシングルトラックが楽しめる所ですね。

NEXT PAGE »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。